最近サイト号外で、多々、アクトレスの坂口杏里様の号外をそれほど目にします。平凡としては、母が有名なアクトレスだっただけに、記述が出る度に、なんとなくコンテンツを確認してしまう。

今から30カテゴリー上記正面、ようやくウィンドウで坂口良子様を見た時は、その魅力に目を奪われたものです。細身でラブリーインプレッションが可憐でした。晩年はハード苦労していたようですが、往年を思うと懐かしさが湧いてある。

そうして、その子どもでもある杏里様は、以前は、母に似てラブリー認識がありました。丸ごとと言うほどではないのですが、顔つきや、ムードに母の面影があったのです。但し、最近ウィンドウで見ると、昔の可愛らしさがなくなっているではありませんか。10代の内の良いときの認識が微塵もありません。如何なる本心のリザーブなのか、アダルトアクトレスになるとは一体全体思いきったことをしたものです。

但し、杏里様自力もこれまで大変だったのかもしれません。何かあると母と比べられ、何か起こると一気に記述のギャグにされてしまう。ナンバーワンを父母に持つといった一大のかもしれません。

昔は、坂口良子様のマニアだっただけに、杏里様の記述をネットで見ると、ふと心配になってしまいます。
今後は、海外に移住もして、決心やり直したほうが良いのではないでしょうか。

 

蟹通販はこちら