Month: 12月 2017

気になる写真はいつでも観られるみたい始終チェックしています。

私の嗜好は写真拝見だ。複数見分けるわけではないのですが、気になるものはSNSやWebwebでチェックして、写真を観る時刻ができればいつでも観られるようにチェックしている。最近では1人間写真もするようになって、用が終わった後の帰りに思わず「写真も観ようかな」という思いつきで写真館に立ち寄ることも多くなりました。そんな風にいきなり立ち寄っても、上映当事者の写真はチェックしてることも多いので悩まずスパッと決めています。逆に、気になるものが多すぎて、迷うこともありますが…。1人間写真の良さは、自分が好きな写真をじっくりと観られることです。わたしは写真が終わった後は1人間で暫し余韻に浸りたいタイプなので、1人間写真だとその点を全く気にせず浸れるので、おそらくこれからも1人間写真はやめられないような気がします。因みに昨今わたしが観た写真で素敵だと感じたのはラ・ラ・ランドだ。SNSも話題になってましたが、全体的にミュージカル呂律で、広がるBGMや踊りも光景光景で風貌良かったり、美しかったり、切なかったりって、BGMも好きなわたしは途中であきることがありませんでした。ラ・ラ・ランドは1人間で観に行ったのですが、なんとなく体を動かしたりペースに乗ってしまいそうだったので、身近って来て一緒に楽しむのも良かったかなとも思いました(笑)

http://ma9.jpn.org/

坂口杏里くんに対する情報を見て、思ったタイミング

最近サイト号外で、多々、アクトレスの坂口杏里様の号外をそれほど目にします。平凡としては、母が有名なアクトレスだっただけに、記述が出る度に、なんとなくコンテンツを確認してしまう。

今から30カテゴリー上記正面、ようやくウィンドウで坂口良子様を見た時は、その魅力に目を奪われたものです。細身でラブリーインプレッションが可憐でした。晩年はハード苦労していたようですが、往年を思うと懐かしさが湧いてある。

そうして、その子どもでもある杏里様は、以前は、母に似てラブリー認識がありました。丸ごとと言うほどではないのですが、顔つきや、ムードに母の面影があったのです。但し、最近ウィンドウで見ると、昔の可愛らしさがなくなっているではありませんか。10代の内の良いときの認識が微塵もありません。如何なる本心のリザーブなのか、アダルトアクトレスになるとは一体全体思いきったことをしたものです。

但し、杏里様自力もこれまで大変だったのかもしれません。何かあると母と比べられ、何か起こると一気に記述のギャグにされてしまう。ナンバーワンを父母に持つといった一大のかもしれません。

昔は、坂口良子様のマニアだっただけに、杏里様の記述をネットで見ると、ふと心配になってしまいます。
今後は、海外に移住もして、決心やり直したほうが良いのではないでしょうか。

 

蟹通販はこちら