家屋に帰って落ち着き、リラックスして大好きな薩摩芋リカーのお湯割りを呑むときが、毎日の生活でトップ幸せなときと言っても過言ではありません。
かつてはかえってビール好きで、毎日500ml缶を空けなければ考えが済まなかったあたしですが、さすがにシェイプアップを気にする様になって以上カロリーの良いお酒は思い切り避け、その代わりにリカーを始めとしたライトな蒸留酒を決断系統に飲み込む様になったのです。
始めのうちは硬いアロマオイルがきちんと好きでは無かったものの、慣れは怖いもので、今では最も好きなお酒は薩摩芋リカー、と胸を張って答える事が望めるまでになってしまいました。
呑み手法は断然お湯割りが一番手軽で、リカー本来の直感です独特のアロマオイルと味覚が喜べると思います。ソーダ割りや水割りといった呑み方も主流試してみたのですが、実質お湯割りに戻って来てしまいました。
逆に決してこだわっていないのは意外にも銘柄。美味しく飲める条件という呑み手法さえ揃っていれば、銘柄自体特定気にするものでも無く、全部美味く飲めるものだと思っているのです。
ですからリカーを常飲やる割合はそんなにお金が掛かりません。それこそ優秀も並べるありふれた安上がり銘柄も潤沢楽しめてしまうことで、その点では結構助かっている。
ひときわ嬉しい銘柄といったその楽しみ方を分かるべき、といった辺りからは素晴らしく言われているのですが、状況こういう楽しみ方であたしは十分なのです。

https://stlassh-navi.com/